ごあいさつ

当院は、「安心・安全・親切」な地域医療を目指して、常に患者さんの立場に立った医療を心がけています。
また、病気の早期発見・早期治療をモットーとしており、マルチヘリカルCT装置、乳房撮影装置、MRI装置などを導入し高画質・検査時間の短縮などにつながっています。内視鏡による検査と治療は、前投薬を静脈注射することによって、苦痛も少なくなります。早期胃がん(粘膜内がん)の切除、前がん状態である大腸ポリープや早期大腸がん(粘膜内がん)の切除等、内視鏡による治療を行っています。
私たちは、地域医療を支える「外科のかかりつけ医」という理念を実現するために、日々新しい医療情報の習得と医療設備の導入に力をそそいでいます。

鈴木外科病院外観

アクセスカウンター